ご挨拶・ご案内

topics

校友会会長あいさつ

大阪府立大学校友会会長 ご挨拶

会長 上田 勝彦 (うえだ かつひこ)

会長 上田 勝彦
(1976年 工学部電子工学科卒、78年 工学研究科前期課程修了) 

伝統ある大阪府立大学校友会の第5代会長を拝命し、身の引き締まる思いをしております。

校友会ですが、平成17年(2005年)4月の府立3大学(旧大阪府立大学、大阪女子大学、大阪府立看護大学)の統合・法人化を契機に設立検討を開始、平成21年(2009年)9月13日に、第1回大阪府立大学校友会理事会・評議員会を開催、発足しました。今では、OPU-Net翔への登録者数を見ますと約10万人と、非常に大きな組織に成長して参りました。

このような背景の中、2022年4月に大阪府立大学、大阪市立大学が統合した大阪公立大学が開学します。そして府大・市大両大学の同窓会役員を中心に、大阪公立大学としての同窓会設立の検討が進められ、その内容については校友会の意思決定機関であります理事会、評議員会で議論されています。ある程度形がまとまった段階で、会員の皆さまに校友会サイト、メールマガジンなどでお知らせいたします。

私、府大を卒業後は電気メーカに勤務、民生機器デジタル化の荒波に揉まれました。DX(デジタルトランスフォーメーション)に代表されるように、今やこの荒波は様々な業界で、そして社会全体に影響を与えるまでになっています。ただこの変革をチャンスと前向きにとらえ、変えるべきところは変えていった企業が成長発展を続け、新たな産業、企業も生まれていると感じています。大阪府立大学校友会も変えるべきところは変え、成長発展を続けることができればと思っております。会員の皆さまのご理解、ご協力が前提となりますので、何とぞよろしくお願いいたします。

2021年9月